ご来店御礼

薬師寺

 今回の企画は「ゴドーを待ちながら」というテーマで古代からの渡来文化の担い手であった「いまきのてひと」にまで思いを馳せる意味合いであり、このコンセプトは大橋邦夫さんにより提案されたものです。今夜は第一弾として市内はぐり町にお住いの宮大工棟梁の直井光男さんがかかわってきた仕事の紹介ということで、その図面や道具を身近で拝見させていただくという貴重な時間を持つことができました。街がそのアイデンティティーというか、風土が育んだ固有の歴史的な背景を見失い、どこにでもある薄っぺらい地方都市になりつつある現在、今日のこの企画の意味する方向性は大変有意義であると考えます。

 しかしながら、直井さんの大変貴重で特異なお仕事のご紹介の後に私の詩とエッセイを大勢の皆さんに公開することには随分気が引けたのですが、朗読の上坂琴江さんと音楽の丸岡君に助けられて今日の運びとなりました。

 私がこのゴドーを25年、四半世紀を経て再開したわけは、実は10年くらい前、それまでの不摂生がたたって二度ほど死にかかったことによるのかもしれません。やりのこしたことがある。あちこち気を使って本当に自分が思っていることを語らなかったかもしれない。あるいは自ら経験してきたことで、少しでも良質な部分を誰かに伝えることができるかもしれないという思いが募り、このブックカフェゴドーを開いたのかもしれません。

 いろんな事柄が作用して現在があるわけですが、少し無理してこの「ゴドー」という店を開いたことで、思ってもみなかったいくつかの出会いがあり、過去のほうに収束してゆくのではない新たな可能性を強く感じています。

本日はご来店ありがとうございました
棟梁直井光男さん大橋邦夫さん、それにスタッフのみなさん
ありがとうございました。

平成27年12月17日
ブックカフェゴドー店主 栗波和夫

イベント開催のお知らせ

今年も気づけばあと半月。
年末の今日この頃、イベントを2つお知らせです。

 

『 ゴドーを待ちながら 』
〜今を問う!「才伎」の警鐘や何処に?〜
第1部 宮大工棟梁 直江光男さんによる「道具の話」
    ○伝統建築の構造や技術、大工道具の解説と実演をしていだだきます。
第2部 ゴドー店主の詩想
    ○朗読、詩にメロディーを、、、、
日時 12月17日(木) 19:00〜
料金 1000円 ※ワンドリンク付

 

『 ローリング・デイ 』
レゲェアーティスト‘シャバジー’によるアコースティックライブ!!
日時 12月27日(日) 開場18:00 開演18:30
料金 投げ銭スタイル

 

両日共、場所はブックカフェゴドー
お問い合わせ先は 0778−42−6711
会場の関係上、事前にご予約いただけると幸いです。

 

トルコ音楽と中東音楽の話 @ Godou

【 トルコ音楽と中東音楽の話 】

日  付  9月22日(火)
時  間  開場18:00 開演18:30
料  金  1500円(1ドリンク付き) ※来場の際にお支払いください。
場  所  ブックカフェゴドー 福井県越前市1-9-19
       ※駐車場には限りがございますので公共交通機関をご利用ください。
        ご協力よろしくお願いいたします。
お問合せ  ブックカフェゴドー 0778-42-6711
      近藤(ダラブッカ)   090-3886-5684
      kondarbuka.0210@gmail.com

お誘い併せの上ご来場ください。
お待ちしております。
トルコ音楽会

第3回武生古代史研究会講座ご案内

10月9日(木曜日)夜7時から一乗学アカデミーを主唱されている水野和雄先生に大虫神社に安置されている塩椎神についての考察、そして白山信仰と越の神々などについて語っていただこうと思っています。

この塩椎神と名づけられた男神像はそのすがた美しく、名作と思われるが作者、来歴は定かではない。いついかなる縁で大虫神社に安置されたのか興味の尽きない神像である。

また越前の無人の社寺仏閣を定期的に点検されている水野先生の感想をお聞きできればと考えています。座談会のようになると思いますがみなさんお誘い合わせご参加ください。

会費は飲み物お茶菓子付きで1000です。
会場準備の都合で予約をお願いします。

また、講座の後、時間が許せば懇親会を開きたいと思います。
懇親会参加の方は追加で1000円お願いします。

予約先 0778-42-6711 (ブックカフェゴドー)
    090-9760-0556 (栗波)

武生古代史研究会事務局

武生クラフトセンター 秋のプロジェクト開催

武生クラフトセンター 秋のプロジェクト
2014年9月14日(日)
コシノクニオコシ 結ノ祭

この武生の地でクラフトセンターを立ち上げ 3年になりますがようやくいくつかのジャンルで横のつながりも出来始め具体的に機能出来るところまで来ました。

道具もスペースも材料も充分ではないところから始めていますが、作られたものの行く末だけは見誤らないようにという思いで製作しています。 各ジャンルとも量産はできませんが丁寧な仕事をしていきたいと考えています。また、技術的に補えるところは協力しながら、良いものを製作してゆくシステムをつくり上げるつもりです。

半導体や自動車の部品ではありませんが、モノづくりの原初的なところから身近なものを制作してゆきます。

出来たらこの街の近くで、ひとりで戦っている表現者諸君とつながって行けたらと考えています。私たちの技術や、ものが、必要であれば臆せずに声をかけてみてください。

武生クラフトセンター代表 栗波和夫
越前市府中1丁目9-19 ブックカフェゴドー
メール godou@galaxy.ocn.ne.jp
☎ 0778-42-6711