畦地梅太郎版画小品展


畦地梅太郎版画小品展をゴドーのとなりの空間で展示しています。現代美術作家でコレクターでもある鋳物師のK氏への私信と版画です。登山家のための本「岳人」の表紙を長年飾っている素朴で味のある版画です。

龍泉寺界隈のこと


初代府中藩主本多富正の菩提寺である龍泉寺は越前市の深草にある曹洞宗の古刹である。この寺の裏に操業をやめて久しい敦賀織物という工場があった。この工場の地中には武生の来歴に関わる古代の記憶が多数残されていた。その遺跡は市民に公開もされることもなく埋め戻され、跡地には今風にデザインされた瀟洒な住宅群が完成した。

この土地と住宅は越前市の税収に大いに貢献している大虫の村田製作所の社員宿舎として市の方から斡旋されている。思えば子供のころ、先の天皇陛下が花時計のあるこの村田製作所を訪問された折には武生西小学校の生徒だった私は、日の丸の小旗を振ってみんなで砂利道に並んだ記憶がある。

昭和30年代、当時私は北深草町に隣接した老松町に住んでいた。この深草のあたりは私が幼少のころ、工場の機織の音が五月蝿いほど竹やぶに響いていたし、小規模な鋳物屋、鍛冶屋などが炉のコークスに火を入れ鉄を敲いていた。龍泉寺の裏の墓場の西側には土塁も残り、そこは満州や朝鮮からの引き上げ者の小住宅に開墾されていた。住宅には従兄弟たちが住んでいたのでよく群れて遊んでいた記憶がある。

また寺の北の藪には朝鮮の人たちが小屋を建て豚を飼いながら、近隣の竹薮から竹の皮を集めて成型し、肉屋、餅屋に納めて生計を立てていた。戦後のどさくさとはよく言ったもので、みんな貧しく、なりふり構わず生活をしていた。日本の私たちの世代が進学や就職へと奔走していた時期に同級生だった朝鮮の友人達は仕事もなく悪れていたが、その後、新潟から祖国へと帰還していったようだ。その後の彼らの消息を私は知ることもない。

今考えればこの地域は憎悪と熱情のカオスとでも言うべき様々な思いが密集した場所であった。またこの時代、戦後の農地解放で小作の人たちに広大な田畑をただ同然で分配することとなった稲寄の森広三郎氏が推挙され武生の市長に当選された。一介の労働者であった私の父や母が穏やかな学者のような森氏を支援していた記憶がある。

最近、知り合いの不動産業協会の人にお聞きした情報によると、森広三郎氏の長女でフランス料理文化センターの事務局長である大沢晴美さんがフランスの食文化振興に多大な貢献をされ、国家功労勲章シュバリエ賞を受賞されたとのこと。

私は以前、漆とクラフトの商品展開で闇雲に海外を目指し、随分苦労したことがあった。武生と縁のある大沢晴美さんが武生特殊鋼材の開発した鋼を使った越前打ち刃物の美しい文様のあるステーキナイフやチョコレートカットナイフなどをヨーロッパの著名なシェフや業界に紹介され、現地で好評を博しているという。

パリからの風の便りで池の上の刃物団地の「ryusen」さんの商品展開の様子を聞くと、地位や名誉ばかりで顕彰しあっているなれあいの空虚な風土ではない、良質な土地の記憶のようなものを育む事ができるかもしれないという希望のようなものを思った。この名実共に卓越したブランドに育ちつつある「ryusen」は北深草の「龍泉寺」とどこかで何か繋がっているのかな。龍泉寺界隈の憎悪と熱情のカオスが時を経て研ぎ澄まされ、パリやアムステルダムの街を席巻するなんて考えるとぞくぞくするな。

2016年11月30日            ブック カフェ ゴドー店主  栗波和夫

越前蕎麦と真空管

真空管の中を、声が電子に乗って真空の空間を飛んでゆく。レコードに刻まれたエラ・フィッツジェラルドやルイ・アームストロングの声を、生々しく、あたかもそこにいて歌ってくれているように・・・。

現代は、シリコンやゲルマニュウムのような鉱石を使ったダイオードやトランジスタやICを使ったアンプが全盛である。この鉱石アンプは、性能を測定すると、周波数特性やダンピング性能はすばらしい。でも感情のこもった人の歌声や楽器の音は、その音が、石の中を通るか、真空の何もない空間を通るか、聞いてみれば一聴瞭然なのである。

ポーっと温かく光る真空管を眺めながらホルストの惑星に針を落とそう。宇宙のかなたから吸い込まれてゆくような女性コーラスが素晴らしい。

引用が長くなってしまったが、この文章は丹南夢レディオ37号に掲載されたE氏の「真空の想い」というエッセイの一部である。

話は変わるが、先日、同級生が尋ねてきた。教育というそれまでの彼の天性の仕事を終えて、家業でもあった農業に従事し、転作に蕎麦を植えているという。そして自ら蕎麦を打ち、蕎麦の器も創っている。と、こう語れば、小器用な文化人かなと思われるかもしれないが風体は無類の酒好き、百姓である。

そのS君が陶芸の延長で好きなジャズを聴くためのスピーカーを各種創りはじめた。最初は大きな蕎麦皿をひっくり返したような丸く”ださい形状”であったが、いくつも試作するうちにだんだんデザインが垢抜けてきた。いまでは某有名カフェの真ん中に奇妙なスピーカーが鎮座し、その存在感を示している。これがなかなかな優れものである。偶然にもスピーカーの中の機器は私の昔からの知り合いであった福井オーディオのNくんが準備されていた。

この、蕎麦を植えてスピーカーを創るというとんでもない試みから始まり、全国のオーディオ好きの人たちとつながっていく。冒頭に引用した元種子島宇宙工学のE氏や鯖江の真空管アンプの製作者、白山でコウノトリを見守っている人、欅の板でアンプの台座を作る木工家など、来年には同好の氏が全国から福井に集い真空管アンプで音楽を再生するという大きな企画にまで発展しつつある。不思議なめぐり合わせでもあるこの試みが成就し、「真空の想い」に託した音楽に、この北陸の小さな町が包まれることを心待ちにしている。

ブック カフェ ゴドー 店主  栗波和夫

大宝寺 大地共生

大地共生
昨日、9月25日越前市大宝寺本堂で開かれた「五感で学ぶ大地共生」と名付けられた集まりに出かけてきた。ゴドーの営業をパン屋の斉藤さんに丸投げしてである。大宝寺の境内は春には桜を見にきたことがある。最近では山本源太夫の神楽の総舞を何度か見に来たことがあるが、本堂に上がることははじめてである。

秋の日差しの入る本堂ではインディアンフルート奏者のマーク アキクサさん、キーボードの堺啓介さん、二胡の岸本光越さんの静かな導入の演奏に始まり、墨のパホーマンス上田みゆきさんが内陣いっぱいに広げた和紙に描き始める。

マーク アキクサさんは、かつてピアノ、フルート、篠笛を経てこのインディアンフルート奏者になったとのこと。その笛の音は大地を渡る遠くの風のように心地よく、ホピ族の豊かな自然と共にある物語をこの武生の大宝寺本堂にまで届けてくれた。

この催しは、みるきくかぐふれるあじわう、と五感すべてで味わうというテーマで開催された。無農薬米「田んぼの天使」提供、井上高弘さん、かまど炊きのご飯の奉納、木村愛子さん、音楽、アート、宗教、そして暮らしを切り結ぶ。

ご住職の粋なはからいでかくも奥の深いイベントが企画された。二胡と浄土宗のお経の日中礼讃から、最後は、吉田亮太さんの無常偈への流れで、音楽を奏でる人、宗派を超えた僧侶の読経、本堂を埋め尽くした人々。参画したすべての人たちが彼岸過ぎの、穏やかな秋の日差しの中でおのずと手を合わせていた。

と、ここまだ書いてふと立ち止まった。これはイベントなのかな、と。生まれ育った街が空っぽになってゆく。心のよりどころがなくなりみんなばらばらになってゆく。立派な体育館や野球場、そして文化センターが建てられる。越前市役所の前には武生来歴の催馬楽の歌の石碑より大きく武生市閉市記念の無粋な石碑が建てられている。 このやるせない気持ちのまま上田みゆきさんたちの無謀でパワフルな表現活動をゴドーは支持します。

ブックカフェゴドー 栗波和夫

羽賀寺十一面観音立像

%e6%bc%81%e7%81%ab
八月、休日の午後、小浜の羽賀寺を初めて訪れた。この寺は鳳凰の羽が舞い降りたという伝承から羽賀寺と命名された。

この寺の十一面観音は女帝である元正天皇の勅命で行基が建立したと伝えられている。しかし清水町越智神社の神主さんの見解ではこれは泰澄の作だというのである。それで、へたな木彫の徒である私が出かけて検証しにきたわけである。

以前、滋賀県湖東にある高月渡岸寺の十一面観音は何度か拝観に訪れたことがあるが、この羽賀寺の観音様は等身大、彩色も残り美しい。後日談であるが、旧知で考古学者の友人の見解ではこれは国宝に指定されるべき優れた立像であるとのこと。

若いころには通り過ぎていた日本の古い創造物になぜか無性に心惹かれるようになった。年のせいかな。

行基は泰澄より十歳余り年長であるが、白山に修験の道を極めた泰澄を訪ね教えを請い、仏像製作の手ほどきを受けたという。

蝉時雨の中、訪れる人のいない長い石段を手すりを頼りに上りきると、軽いめまいに襲われた。そういえば三年前、台風の日に伊勢大神楽の友人たちと石徹白(いとしろ)の白山中居神社を訪ねた。その時も車を降りると不意にめまいを覚えた。多分、泰澄の縁ある場所ではいつもこのような感覚に陥るのかもしれない。不思議な偶然である。

”めまい”という私の体内時間の判別ではこの観音様は泰澄の仕事かもしれない。彼が建立した名古屋の荒子観音寺の秘仏十一面観音を拝観し、見比べてこようと思う。この尾張の荒子というところは古代の継体天皇から中世の武闘派荒子衆、前田利家に至るまで越前とは何か深い縁があるようだ。

若狭の地には、古代から行基や泰澄の思いを信仰の対象に昇華できる優れた職人が朝鮮半島から渡って来ていた。去年、五湖のほとりの鳥浜では伊勢大神楽山本源太夫組の総舞も復権された。

小浜からの帰路は海岸沿いを走り、縄文遺跡の残るこの鳥浜の「徳右ェ門」で鰻丼の上を食した。いと美味であった。そこから敦賀、杉津を過ぎ、高みにある大良(たいら)の道の駅から夕暮れの海を見た。日も沈み水面は薄い緑色に覆われ漁火がいくつもいくつも遠くで揺れていた。

篠笛の音を記憶に残し
河内へと神楽が去る

そして 武生の夏が終わる

ブック カフェ ゴドー店主 栗波和夫