リズ・ストーリー(Liz Story) 「17 Seconds to Anywhere」

lizstory

-SP-一年以上、車の中で聴き続けた一枚。もちろん時折違うCDも聴いたが飽きる飽きないということを超えている一枚。
-SP-ウィンダム・ヒルと言えば20年以上前に車のCMなどでも流行ったジョージ・ウィンストンが思い出されるが、リズ・ストーリーは同じピアノながら何というかもっと“日常的”。「どこかの17秒」ってどういう意味だろうか?
-SP-6曲目が「17 Seconds to Anywhere」で、その前が「Out Of Time(時間の外)」。翻訳が違っているかも知れないが、この5~6曲のつながりとてもいい。
そして、京都のジャズバーで働いていた友人の女性カメラマンもお気に入りの最後の「Remember Me This Way」。
-SP-考えたことがなかったけど、色んなシーンがつづられたアルバムのような構成なんだな。ジャズ好きには物足りないかも知れないけど、BGMにも最適。本を読んだり、タイプしたりなど思考の起伏に寄り添うような音楽。
サラ・ブライトマンのツアーサポートもしたらしい女性ピアニスト「リズ・ストーリー」。あー、また聴きたくなってきた。