トラベリング ブックス

      トラベリング ブックス

もうずいぶん前になるが、旅の途中、不在の友人の本棚から黙って本を借りてきたことはよくあったが、本当に本が旅をすることがあるんだ。

去年の秋、私はいくつかの負の理由が重なり、深く打ちのめされていた。その頃、私の元に若い女性から「読み終えたからみなさんで読んで見てください」と言われて数冊の本が届いた。その中に中沢新一著 古代から来た未来人「折口信夫」があった。私は中沢や折口信夫についていつも気にかけていたが、迂闊にもこの本の存在は知らなかった。中沢新一は「柳田国男、折口信夫、南方熊楠の三人の巨人の頭脳と心が生みだしたものは、日本人に残された最も貴重な宝物である。わたしがこの宝物をしっかりと護り未来に伝える水中の龍でありたいと願う。」と語る。折口信夫の思考と文章を奇跡的な学問とまで中沢は言い切るのである。そして彼の語るこの奇跡的な学問が遥か遠い旅をするんだ。

十一月には、手の中にも入るこのちいさな本は私のバッグの中にながくあった。高瀬町にあるイタリアレストラン「デルソーレ」の忘年会の席ではこの本の良さについて参加者にレクチャーをするつもりが果たせず、赤ワインにまみれてしまっていた。また、その年の暮れには深夜、三国東尋坊の岸壁を覗き込んでいたこともある。凍える海は月の光を受け、黒曜石を敷き詰めたように怪しく光っていた。折口の言う「貴種流離譚」と思わず口にしてしまった。

また今年の三月には首都から来た陽気な絵かきがこの本を見て、長く探していた本でもあり、帰りの新幹線の中ですぐにでも読みたいからと言って持ち去った。そして後日お礼だとして「夜の木」という高価な版画集と一緒に送り返してきた。その「夜の木」を自慢げに私が見ていたとき、ラピュタの才女がきて、中沢のこの本を貸してと言って強引に持って行ってしまった。

その後、この本の存在をとっくに忘れた頃、たまたま蓬莱町のラピュタ事務所を訪れた元の本の所有者である○○さんが末尾に墨でイニシャルの書きこまれた自らの本に出会うのである。なんとその時ラピュタの某所長がこの本を深く読み込んでいて、本の持ち主に向かって、この本がどれだけ優れているかという意味のことを彼女に自慢げに語ったというのである。

本が勝手に旅をしているのである。去年この友の会の冊子に森浩一が編集した「鉄」という本に白崎町の泥田の中で出会ったと私が書いたことがあるが、優れた本は、その本の力で遠くまで旅をするんだ。角はもうすっかり擦り切れてしまったが、装丁の美しい一冊の本が真夜中、確かに私のテーブルの上にそっと置かれている。
中沢新一著 古代から来た未来人「折口信夫」である。

ブックカフェゴドー  栗波和夫